厚生労働省のデータ 3年以内の新卒離職率32.3%の現実

採用お役立ち情報 2024.02.09

就職後3年以内の離職率 大卒は32.3%!

#統計#データ#離職率#筆者:山川

採用関連の仕事をしていると必ず耳にする「入社後3年以内の離職率30%以上」という言葉。人事にとっては、採用の後の目標の一つでもあるのではないだろうか。一体なぜそんなに退職者が出てしまうのか。対策方法は何かないのか考えてみました。

CONTENTS

    まずは厚生労働省のデータを見て真実を確かめる。

    厚生労働省のホームページを覗いてみると次のようなことがわかった。

    大卒で就職したときに3年以内の離職率が 32.3%。

    最近、よく耳にする高卒の採用でも、37.0%。

    短大や専門卒の離職率は42.6% 。

    ほぼ半数の人が3年以内に職を変えていることになる。

    ちょっと不思議だけど、なんとなくわかるような気もする…

    業界別でみると一番高いのが…宿泊業・飲食サービス業

    宿泊・飲食サービス業、コロナ禍も落ち着き、景気も戻ってきている中ではありますが、

    大卒の離職率が51.4%とかなり高い数字が出ています。

    3年以内には半分以上が辞めてしまう。。。

    採用担当者としては、何とも苦しい状況かと思います。

    ここまで来たら、おそらく最初から3年以内に退職者が出てくることを想定して

    採用人数を計画している企業も少なくないかもしれないですね…

    次に多いのが、「生活関連サービス業、娯楽業」の48.0%

    生活関連サービス業って、何?って思って調べてみましたら、

    クリーニング業やランドリー業のほかに、美容室や銭湯、

    そして、私的には意外だったのが、旅行業もこのカテゴリーに入るそうです。

    宿泊=旅行なんて言うイメージが強いため、宿泊に旅行が含まれるのかなと思っていたんですが、

    生活関連サービス業に含まれていました。

    その他、フィットネスクラブや冠婚葬祭関連、結婚相談所とかも入っています。

    飲食店はよく耳にしていましたが、旅行や宿泊に関係する企業様もかなり採用に関して悩んでいらっしゃるんですね…

    これらの企業は、ある意味、ブランディングが得意な業種だと思っていたんですが、やっぱり採用ブランディングは別物なんですね。

    事業規模で見ると…30名未満の会社では30%以上が3年以内に離職

    零細、中小企業に値する100名未満だと、やっぱり高い数値になってきています。

    5名未満の場合は、54.1%。30名未満ならば、49.6%になります。

    ただ、規模で考えるときは、大企業と零細企業では採用人数の規模が大きく異なりますので注意が必要です。

    例えば、大企業では200名以上新卒を採用していますが、零細企業では1名の場合もあります。

    同じ1名の離職者でも、大企業なら0.5%、零細企業では100%という数字になって表れてきてしまうため

    一概に小規模の会社だから離職する人が多いという考えは成立しないのかなと思います。。

    とは言え、小規模の会社が1名採用し、その1名に退職されてしまったら、その穴は大きく、事業運営において多大な影響、損失につながることが想像できます。

    次号では、なぜ退職をしてしまうのか。またその対策方法は何かないのかを考察してまいります。

    マッチングは大事。

    人を採用するのは簡単ではないですし、時間もお金もかかります。

    それでも他人の考えはわからないもので、昨日まで笑顔で働いていた社員が突然辞表を持ってくることもあります。

    だからこそ、御社の文化や価値観にあった人材を採用できるようにマッチングを図っていくことが大切ではないかなと思います。

    ファニプロではその点についてとても大切にしており、丁寧にヒアリングをしていきながら

    マッチした人材はどんな人か、また、どんな魅力を訴求すべきかも考え、クリエイティブ作成に臨んでいますので、お悩みの方はお問合せください。

    もし、この記事を読んでくださって、何か採用サイトや動画などを制作する予定はないけども、相談したいという方がおりましたら、問合せいただく際に、「山川への採用に関する相談」と記載いただければ、相談に乗らさせていただきます。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    統計データの参照元

    すぐに見ることができるので、是非みなさんの目でも確認してみてください。

    RANKING 人気の記事

    PICK UP おすすめ記事